当院の感染症対策について

7月, 2024年

ぎっくり腰の治療法と鍼灸整骨院で出来る事についてお答えします!

2024-07-22

皆さん、こんにちは。

堺市堺区の三国ケ丘鍼灸整骨院です。

 

今回は、ぎっくり腰についてお話しさせていただきます。

 

ぎっくり腰は、多くの人々が経験する急性腰痛の一種で、その痛みは突然発生し、

日常生活に大きな支障をきたします。ぎっくり腰の治療と予防について、

当院での鍼治療と整体の役割を中心に詳しく解説します。

 

 ぎっくり腰の原因と症状

原因

ぎっくり腰の主な原因は、以下の通りです:

1. 急な動作:突然の動きや予期しない動作が腰に過度な負荷をかける。

2. 重い物の持ち上げ:適切な姿勢を取らずに重い物を持ち上げると、腰に負担がかかる。

3. 姿勢の悪さ:長時間にわたる不良姿勢(例:デスクワークでの前かがみの姿勢)は腰に慢性的な負担をかける。

4. 筋力の低下:腰や腹部の筋力が弱くなると、腰への負担が増える。

5. 疲労:疲労が蓄積すると、筋肉が硬くなりやすく、急な動きに対応しきれなくなる。

 

症状

ぎっくり腰の主な症状は、急激に発生する腰の激しい痛みです。この痛みは以下のような特徴を持ちます:

1. 急性の痛み:突然の動作後に発生する激しい痛み。

2. 動けなくなる:痛みのために、立ち上がったり歩いたりすることが難しくなる。

3. 筋肉の硬直:痛みと共に筋肉が硬直し、さらに動きが制限される。

4. 炎症:場合によっては、炎症が起こり腫れや熱感を伴うこともある。

 

三国ヶ丘鍼灸整骨院での治療方法

ぎっくり腰の治療には、鍼灸整骨院での鍼治療や整体が有効とされています。これらの治療方法は、痛みの緩和や回復を促進するのに効果的です。

鍼治療

鍼治療は、細い鍼を特定のツボに刺すことで、痛みや炎症を和らげる治療法です。以下にその具体的な効果を示します:

1. 血行促進:鍼が刺されることで血流が良くなり、炎症や筋肉の硬直が緩和される。

2. 痛みの緩和:鍼が神経系に働きかけ、痛みを感じる信号を抑制する。

3. 筋肉のリラックス:鍼が筋肉の緊張をほぐし、リラックス状態に導く。

4. 自然治癒力の向上:鍼治療によって身体の自然治癒力が高まり、回復が早まる。

鍼治療は、痛みの原因となる箇所に直接アプローチするため、即効性が期待できます。施術は痛みを感じることが少なく、リラックスした状態で受けることができます。

整体

整体は、手技を用いて骨格や筋肉のバランスを整える治療法です。以下は整体の具体的な効果です:

1. 姿勢の改善:骨格の歪みを正すことで、姿勢が改善され、腰への負担が軽減される。

2. 筋肉のバランス調整:筋肉の緊張やこわばりを緩和し、バランスを整える。

3. 可動域の拡大:関節の動きを改善し、可動域を広げる。

4. 痛みの軽減:手技によって筋肉や関節の緊張を解き、痛みを和らげる。

整体は、体全体のバランスを整えることで、再発の予防にも効果があります。骨格や筋肉の状態を整えることで、長期的な健康維持が期待できます。

 

鍼治療と整体の組み合わせの効果

ぎっくり腰の治療において、鍼治療と整体を組み合わせることで、さらに効果的な結果が得られます。以下にその相乗効果を紹介します:

1.相互補完:鍼治療が神経系や血流に働きかける一方で、整体が骨格や筋肉のバランスを整えるため、総合的なアプローチが可能。

2. 回復の促進:鍼治療による痛みの緩和と整体による姿勢改善が相まって、回復が早まる。

3. 再発防止:整体による姿勢改善と筋力のバランス調整が、再発のリスクを低減する。

4. 個別対応:患者の症状や状態に応じて、鍼治療と整体の組み合わせを調整することで、最適な治療が可能となる。

 

ぎっくり腰の予防方法

ぎっくり腰を予防するためには、日常生活での注意が重要です。以下に、予防のための具体的なアドバイスを示します:

適切な姿勢の保持

1. デスクワーク:デスクワーク時には、椅子に深く腰掛け、背筋を伸ばして作業することが大切です。モニターの高さを目線と同じ高さに調整し、前かがみにならないように注意しましょう。

2. 立ち仕事:立ち仕事の際には、片足を台の上に置いて腰への負担を分散させると良いです。また、適度に体を動かして筋肉をほぐすことが大切です。

 定期的なストレッチと運動

1. ストレッチ:腰や腹部の筋肉を柔軟に保つために、定期的にストレッチを行いましょう。特に、腰回りのストレッチは効果的です。

2. 筋力トレーニング:腰周りの筋力を強化するために、適度な運動を継続しましょう。例えば、腹筋や背筋を鍛えるエクササイズが効果的です。

重い物の持ち方

1. 正しい持ち上げ方:重い物を持ち上げる際には、膝を曲げて腰に負担をかけないようにしましょう。背筋を伸ばし、物を体に近づけて持ち上げることが大切です。

2. 適度な荷重:一度に持ち上げる荷物の重さを適度に調整し、無理をしないことが重要です。

休息と睡眠

1. 十分な休息:疲労が溜まらないように、適度に休息を取ることが大切です。長時間の作業や運動後には、しっかりと休息を取りましょう。

2. 質の良い睡眠**:質の良い睡眠を取ることで、身体の回復力が高まり、ぎっくり腰の予防につながります。睡眠環境を整え、十分な睡眠時間を確保することが大切です。

 

ぎっくり腰は突然の痛みで日常生活に大きな影響を与えますが、適切な治療と予防策を講じることで、回復を促進し再発を防ぐことができます。鍼灸整骨院での鍼治療や整体は、痛みの緩和と回復に有効な手段です。これらの治療方法を組み合わせることで、総合的なアプローチが可能となり、早期の改善が期待できます。

日常生活での姿勢の保持や適度な運動、正しい重い物の持ち方、十分な休息と睡眠を心がけることで、ぎっくり腰の予防が可能です。鍼灸整骨院での治療と日常生活での注意を組み合わせることで、ぎっくり腰を改善していきます

三国ケ丘鍼灸整骨院

鍼灸師、柔道整復師

西本峻明

 

office_hours

お電話、メールでのご予約、ご相談はこちら ↓

メールでのご予約:メールフォームへ

ご予約・お問い合わせ電話:072-252-5155

 

冷房病についてお答えします!

2024-07-16

皆さん、こんにちは。

堺市堺区の三国ヶ丘鍼灸整骨院です。

 

最近は気温もかなり高く、

蒸し暑さが続いていますね。

 

その時に外からクーラーの効いた

部屋に入ると、凄く気持ちいいですね。

 

ただし、このように涼しい部屋と暑い外を

行き来るする夏は体調不良を起こしやすいです。

 

これを冷房病と呼ばれています。

 

冷房病とは、急激な温度変化を繰り返している事で、

発汗や体温の調整をしている自律神経が乱れてしまう

事で起こります。

 

自律神経が乱れると、体が温まりにくくなってしまい、

汗をかきづらくなります。

 

汗がかけない状況では、疲労物質が体にたまり、

だるさや疲れやすさ、夏バテにつながります。

 

他にも体が冷やされる事により、血行不良や

心臓や胃腸の働きが弱くなり、様々な体調不良になります。

 

このようにならないためには以下の

3つの対策をしてみて下さい。

 

①上着、ひざ掛けをしてみましょう。

冷房が効いている部屋では、風が直接肌に当たるのを避け、

体温低下を防ぎましょう。

 

②冷房の効いた部屋では体を温めるものを食べましょう。

冷房の効いた場所で冷たいものをとると、体の中外から

急速に冷えて、消化機能が悪くなります。

 

そうならないために、冷房の効いている場所では、

生姜、ネギ、ニンニク、カボチャ、玉ねぎなどの

体を温めてくれる食べ物を摂りましょう。

 

③シャワーで済ませず湯船につかりましょう。

少しぬるめの温度でゆっくりと湯船につかると、

体を温め胃腸の働きや血行をよくし、疲労回復や

体調管理に効果的です。

 

皆さんもこのようにしっかりと体調を整えて、

冷房病にはならないように夏場をお過ごし下さい。

 

本日も最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

 

三国ケ丘鍼灸整骨院

鍼灸師、柔道整復師

西本峻明

 

ilm09_ae02001-s   連絡01

夏バテとは一体何なのか??

2024-07-08

皆さん、こんにちは、

三国ヶ丘鍼灸整骨院です。

 

もうそろそろ7月も中旬に近づいてきましたね。

皆さん、夏バテになっていませんか?

 

まずそもそも夏バテとは、高温多湿の夏に

身体が対応できなくなり、体がだるくなり、

食欲不振になるなどの夏に起こる不調が夏バテです。

 

夏バテの原因は、主に3つあります。

 

  • 室内外の温度差による自律神経の乱れです。

猛暑の屋外から、エアコンで冷えた室内にもどる時などの

急激な温度差は体力消耗し、夏バテの原因になります。

 

さらに冷房の効きすぎた部屋にいると、

そのストレスから自律神経が上手く働かなくなります。

 

  • 高温多湿の環境が続くと、汗の出口周辺が詰まり、

汗が出にくくなります。

 

それによって、体温調節がうまくいかなくなります。

また長時間直射日光の下にいると発汗が過剰になり、

身体の水分が不足気味になり、夏バテを引き起こします。

 

  • 熱帯夜による睡眠不足

エアコンの室外機や都市部の住宅密集化などが原因で、

熱帯夜によって寝つきが悪くなり、睡眠不足に陥ることがあります。

 

次に夏バテの症状を見ていきます。

 

まず夏バテは、全身のだるさと疲労感です。

なんとなく体のだるさや疲れが取れにくい日が続きます。

 

あとは、食欲不振です。

自律神経の不調により、消化器の機能も低下し、食欲不振に陥り

体に必要なエネルギーやビタミンの不足を招く事があります。

 

三国ヶ丘鍼灸整骨院では、まずこのような症状がある患者さんに

対して、自律神経を調節するために、頭の上にある百会という

ところに置き鍼をします。

 

それ以外にも、鍼治療で全身の調整をします。

皆さん、やり終わったあとはかなりスッキリした顔になります。

 

今回はこれぐらいにさせて頂きます。

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

三国ケ丘鍼灸整骨院

鍼灸師、柔道整復師

西本峻明

熱中症イラスト

 

office_hours

お電話、メールでのご予約、ご相談はこちら ↓

メールでのご予約:メールフォームへ

ご予約・お問い合わせ電話:072-252-5155

雨の季節、体調に気を付けましょう!!

2024-07-01

皆さん、こんにちは!

堺市堺区の三国ケ丘鍼灸整骨院です。

 

梅雨イラスト

これから梅雨の時期に入ってくるかと思います。

皆様は雨の前日や雨の日、身体が重く感じる
なんてことはありませんか?

雨の日には湿気が多くなり身体の中の水分を
うまくコントロールできない
ことが原因で
下記のような症状を感じられる方が多くいます。

・頭重感、頭痛(偏頭痛)、関節痛
・浮腫(むくみ)
・食欲不振、胃もたれがする
・体が重だるい、手足がだるい
・口内炎ができる
・疲れやすい
・気分が乗らない

このような症状を感じられる方に
当院イチオシの鍼治療をオススメします!

鍼をすると自律神経が整い自己免疫力がつき
身体の中の水分をうまくコントロールすることが
できる
ようになります。

ですので、上記のような症状をお持ちだったり
感じられる方は一度当院にご相談下さい。

 

三国ケ丘鍼灸整骨院

鍼灸師、柔道整復師

西本峻明

 

 

office_hours

お電話、メールでのご予約、ご相談はこちら ↓

メールでのご予約:メールフォームへ
ご予約・お問い合わせ電話:072-252-5155
 
今すぐタップ! お問い合わせ・ご予約072-252-5155 休診日:日曜日・祝祭日